いちごとアインのモンスト動画紹介etc…

スサノオ

スサノオ

スサノオ(スサノヲ)は、日本神話に登場する神様です。

『古事記』では建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)、速須佐之男命、須佐之男命、『日本書紀』では素戔男尊、素戔嗚尊等、須佐乃袁尊、『出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命、神仏習合では牛頭天皇などと表記します。
ヤマタノオロチを退治し、その尾から見付かった草薙剣(くさなぎのつるぎ)を天照大御神(あまてらすおおみかみ)に献上した事で知られるスサノオ。(これがきっかけで後に草薙剣は三種の神器の一つとなる)
今回はそんなスサノオをモンスト内で使われている用語に絡めて紹介。

■進化のSS名『天叢雲』(あめのむらくも)とは

前述の草薙剣の別名で、三種の神器の中では天皇の持つ武力の象徴であるとされています。書物や場所によって漢字や読み方が色々あるようです。

■神化のSS名『高天原クライシス』の〝高天原〟(たかまがはら)とは

スサノオの姉であるアマテラスが支配する天の国で、スサノオが黄泉の国に旅立つ前に立ち寄った場所です。
クライシスの方は英語で〝危機〟という意味なのですが、スサノオは高天原で様々な悪行をはたらき結果追放されているので、高天原を危機に陥れているのはスサノオ自身なんですよね…

■獣神化の肩書きの『荒神』(こうじん)とは

荒神とは、日本の民間信仰において台所の神として祀られる神の一種ですが、『荒神』という名称の由来や信仰形態等を説明できる説は存在していないそうです。

■獣神化改のSS名『八雲立ツ鎮海大神刃』の〝八雲立つ〟とは

スサノオがヤマタノオロチを退治した後訪れた出雲の根之堅洲国(現・島根県安来市)で詠んだ和歌「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」の枕詞です。この和歌は日本最初の和歌と言われています。

■最後に

「拡散弾SSを変えてくれ」と言われ続け、獣神化改が実装されてレクイエムの適正になったものの今なおやや不遇な扱いを受けているスサノオ。頑なにSSがテコ入れされない理由は何なんでしょうね…?ラックスキルがもう少し発動しやすければいいんですけどね。

ではでは!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930